素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

【皇紀】2680年6月7日

今日はバビロン作戦(別名:オペラ作戦)が行われた日だ。

昭和56年(1981年)6月7日、イスラエル空軍機がイラク・タムーズの原子力施設を空爆した。

原子炉は全壊。11名が死亡した。

 

f:id:newspaper-ama:20200607035521g:plain

イスラエル空軍機の飛行経路、出典:Wikipedia

 

昭和56年(1981年)6月7日午後4時、イスラエル空軍機14機が、シナイ半島東部のエツィオン空軍基地から飛び立った。

部隊編成は、爆弾を2発ずつ搭載したF-16戦闘機8機と、護衛のF-15戦闘機6機。

 

部隊はヨルダンとサウジアラビアを領空を侵犯し、イラク領内に侵入。攻撃を受けることなく、原子力施設上空まで到達した。

イスラエルは、飛行経路を綿密に調査していた。

 

午後5時30分前、8機のF-16戦闘機から16発の爆弾が、原子炉めがけて投下された。うち、14発は命中、1発は隣接施設内に落下、1発は不発弾だった。

原子炉は全壊。まだ稼働前だった。

この攻撃により、イラク軍兵士10名とフランス人技術者1名が犠牲となった。

 

部隊はイラク軍の迎撃にあうことなく、同じ飛行往路で、全機が帰投した。

 

f:id:newspaper-ama:20200607070034j:plain

イスラエル空軍のF-16戦闘機、出典:F-16.net

 

イスラエルは、連合国(国連)安保理武力制裁決議を経ず、イラクを攻撃した。このため、世界中から非難された。

 

イスラエルは周囲を敵性国家に囲まれている。外交を結んでいない国も多い。

だが、安易に譲歩することはしない。昭和23年(1948年)の建国以来、自国に脅威が及ぶと判断すると、躊躇なく軍事行動にでている。

 

 

f:id:newspaper-ama:20200607073824p:plain

青色がイスラエルと国交を結んでいる国、他は国交がない国、出典:Wikipedia

 

イスラエルには、「自国の安全は自分たちの力で守り抜く!」という気概がある。

日本にもこの覚悟があったら、韓国による日本人の抑留・殺害も、北朝鮮による日本人拉致事件も、支那による尖閣諸島侵略も...起きなかっただろう。

 

平和を叫ぶのはいい。

しかし、「あの国に手を出したら、手痛いしっぺ返しを食らう」という怖さが無ければ、国民を守ることはできない。

残念ながら、これが現実。

 

【広告】