素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

ナスダック総合株価指数、史上最高値を更新

8日のニューヨーク株式市場で、ナスダック総合株価指数が史上最高値を更新した。ダウ工業株30種平均も大幅に続伸。

 

ナスダック総合株価指数の8日の終値は、先週末比110.67ポイント高の9924.75。

ダウ工業株30種平均の8日の終値は、先週末比461.46ドル高の2万7572.44ドル。

 

f:id:newspaper-ama:20200609064230p:plain

令和2年6月8日の「ナスダック総合株価指数」の推移、原典:Nasdaq

 

ナスダック総合指数(NASDAQ Composite Index)とは、株価指数のひとつ。

米国の電子株式市場「NASDAQ」に上場している3,000を超える銘柄全てを対象に、時価総額加重平均で算出した指数。

昭和46年(1971年)2月5日の算出開始時点における終値を「100」として計算されている。

 

今年2月、ナスダック総合株価指数は史上最高値を更新した。3月になり、新型コロナウイルス感染症の流行により急落。4月以降は、経済対策や経済再開への期待で回復したきていた。

 

国労働省は今月5日、令和2年5月期の雇用統計を発表した。

失業率は13.3%で、統計開始以降最悪となった4月の14.7%から改善していた。事前の市場予測は20%程度を見込んでいた。

更に、非農業雇用者数は前月比250万人増加となった。ブルームバーグの事前のエコノミスト予想の中央値は750万人の「減少」だった。

 

このため、今月5日以降はリスクを取って株を買う動きが優勢になっていた。

ただ、急激な株高を警戒する市場関係者もいる。

 

米国の経済に関することは、私たち日本にとっても重要なことである。単なる経済の話ではない。

今年11月3日には、米国大統領選挙がある。支那トランプ大統領の再選を阻止しようとしている。

現在、米国各地で起こっている「白人警官が黒人男性が死亡させた事件」に対する抗議デモも、支那が利用し暴徒化させている。

 

経済と政治は密接に繋がっているのだ。

 

【広告】