素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

北朝鮮、核弾頭30~40発に増、SIPRI推計

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は15日、核兵器に関する年間報告書を公表した。

令和2年1月時点で世界の核弾頭数は1万3400発となり、昨年から465発(約3%)減少と推計した。

北朝鮮保有する核弾頭は30~40発となり、昨年の20~30発から増えた。

 

f:id:newspaper-ama:20200616093231j:plain

SIPRIによる世界の核弾頭数の推計(令和2年1月時点)、原典:SIPRI

 

SIPRIによると核保有国は9ヵ国で、令和2年1月時点の核弾頭保有数は以下のとおり。カッコ内は昨年の推計。

・ロシア 6375(6,500)
・米国  5800(6,185)
支那   320(290)
・フランス 290(300)
・英国   215(200)
パキスタン160(150-160)
・インド  150(130-140)
イスラエル 90(80-90)
北朝鮮30~40(20-30) 

 

全体としては近年、減少傾向が続く。二大保有国のロシアと米国は、その数を減らしてきている。

一方、支那北朝鮮は戦力を増強している。

 

支那は昨年より30発増やし、かつ、近代化を進めている。

 

北朝鮮は昨年、新型の短距離弾道ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など計13回の発射実験をした。

長距離弾道ミサイルの発射実験しなかったが、SIPRIは「核開発計画を安全保障戦略の中心とし、優先し続けている」と分析した。

 

情報元:Nuclear weapon modernization continues but the outlook for arms control is bleak: New SIPRI Yearbook out now

 

www.youtube.com

 

河野太郎防衛大臣は15日、秋田県山口県で進めていた地上配備型ミサイル防衛システム「イージス・アショア」の配備計画を停止すると発表した。

イージス・アショアから迎撃ミサイルを打ち上げた際に切り離す、ブースター(推進エンジン)の分離に不具合が判明した。

 

北朝鮮は核戦力を増強してきている。支那も同様。

一方、日本はその迎撃システムすら配備できない。

 

イージス・アショア配備に反対しているのは、地元の人間より、他所から来た者が多い。外国人も相当数いると思われる。

マスコミがあまり報道しないから、国民の多くはこの事実を知らない。

 

【広告】