素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

東京都知事選挙、公示、有力候補者6人の政策

任期満了に伴う東京都知事選挙(7月5日投開票)が18日、告示された。

立候補したの22人で過去最多。届け出順に以下のとおり。なお、敬称は省略する。

 

東京都知事選挙立候補者

山本太郎(45)れいわ新選組
小池ゆりこ(67)無所属、現東京都知事
七海ひろこ(35)幸福実現党
宇都宮けんじ(73)無所属
桜井誠(48)日本第一党
込山洋(46)無所属
小野たいすけ(46)無所属
竹本秀之(64)無所属
西本誠(33)スーパークレイジー
関口安弘(68)無所属
押越清悦(61)無所属
服部修(46)ホリエモン新党
立花孝志(52)ホリエモン新党
さいとう健一郎(39)ホリエモン新党
ごとうてるき(37)(略称)トランスヒューマニスト党 
沢しおん(44)無所属
市川ヒロシ(58)庶民と動物の会
石井均(55)無所属
長澤育弘(34)無所属
牛尾和恵(33)無所属
平塚正幸(38)国民主権
ないとうひさお(63)無所属

情報元:東京都知事選挙立候補者一覧:東京都知事選挙特設サイト

 

自民党は自主投票だが、小池氏の応援に近い状態。公明党も推薦や支持は出していないが、小池氏を実質的に応援。

立憲民主党共産党社民党は宇都宮氏を支援。

日本維新の会は小野氏を推薦。

れいわ新選組は、代表の山本氏を公認。

NHKから国民を守る党は、党首の立花氏ら3人を推薦。

国民民主党は自主投票。

 

www.youtube.com

 

前日の17日、東京都知事選の立候補者5人による共同記者会見が、オンラインで行われた。

新型コロナウイルス感染症対策を中心に、論戦が展開された。

 

現職の小池ゆりこ氏(67)は、まずは何よりも新型コロナウイルス感染症対策が重要と主張。

米国の疾病対策センターCDC)と同様の組織設立するなど、第2波への備えを強調した。

 

元日本弁護士連合会会長の宇都宮けんじ氏(73)は、「都民一人一人の生存権が懸かった選挙」と述べた。その上で、自粛要請に対する補償の徹底を主張した。

また、専門家が東京五輪は困難と判断した場合には、浮いた予算を新型コロナ対策にあてるとした。

 

れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)は、全都民への10万円給付や授業料1年間免除を提案。

東京五輪は中止するとした。

 

熊本県副知事の小野泰輔氏(46)は「感染症対策と同時に経済も回さなければならない」と主張。

東京五輪は縮小開催ではなく、4年後の開催を目指すとした。

 

「NHKから国民を守る党」党首の立花孝志氏(52)は、東京都の新型コロナ対策は過剰と主張。死亡率の高い世代に絞った自粛要請を提案。

NHKのスクランブル放送化も主張した。

 

www.youtube.com

 

共同記者会見をした5人以外の有力候補としては、政治団体日本第一党」党首の桜井誠氏(48)。

新型コロナ対策として、都民税や固定資産税を2年間ゼロを提案。

外国人生活保護の即時停止、パチンコ規制も主張している。

 

東京都選挙管理委員会によると、6月17日現在の選挙人名簿登録者数は1146万8938人。

 

【広告】