素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

支那「三峡ダム」、入水量が過去最大に、水位も過去最高に近づく

支那湖北省にある「三峡ダム」で20日、入水量が毎秒7万5000立方メートルとなり、過去最高に達した。

水位も163メートルを超え、過去最高の166メートルに近づいた。同ダムの制限水位は145メートル。

情報元:全国水雨情信息

三峡ダム上流にあたる重慶市四川省では、過去最大規模の水没が発生している模様。

 

f:id:newspaper-ama:20200821093300p:plain

出水をする三峡ダム、令和2年8月20日朝

 

三峡ダムとは、支那・長江中流域の湖北省宜昌市にある大型重力式コンクリートダム

平成21年(2009年)に完成した。

通常水位は175メートル、制限水位は145メートル。発電ブロックの長さ(左岸)は643・6mメートル。ダム湖の長さは約570キロメートル。

2250万キロワットの発電が可能。世界最大の水力発電ダム。

 

f:id:newspaper-ama:20200821103927j:plain

水没した重慶市の様子、令和2年8月19日

 

長江流域では6月より、大雨が断続的は発生していた。

三峡ダムは6月中旬より、制限水位の145メートルを上回る状況が続いていた。このため、同月末には今年初の放水を実施した。その後も放水を続けたが、水位が下がることはなかった。

7月末には一時的に水位が160メートルを超えた。この頃から重慶市などで、水没が発生し始めた。

 

f:id:newspaper-ama:20200821103931j:plain

水没した重慶市の様子、令和2年8月19日

 

重慶市には、ホンダやいすゞ自動車など日本企業の製造拠点がある。

重慶に進出した日本企業経営者のうち、何人が今回のことを予想していただろうか?

 

支那と日本は、その社会の仕組みや習慣が大きく異なる。

日本と同じと思っていると、取り返しのつかないことになる可能性もある。

 

 

【広告】