素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

コロナ分科会、発症の最盛期は7月27~29日

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は21日、最近の感染状況の報告、ワクチン接種に関する提言などを行った。

感染状況については、「発症の最盛期は7月27~29日」とし、峠を越えたという見解を示した。

ワクチンは、高齢者や基礎疾患を持つ人、同感染症の診療にあたる医療従事者が優先的に接種する予定。

 

f:id:newspaper-ama:20200822070820p:plain

新型コロナウイルス感染症の発症日別による陽性者数の推移

 

コロナ分科会の資料によると、全国における新型コロナウイルス感染症の発症は7月27~29日が最高値だったという。

1人の感染者が何人にうつしたかを示す「実効再生産数」は、8月上旬より1を下回っている。新規感染・発症は緩やかに減少を始めているとした。

ただし、中高年の感染者が増えているため、沖縄県を始め、大阪府、愛知県、福岡県などで重傷者が増加傾向にあると警告した。

 

ワクチンについては、できるだけ早く実用化させるとしたが、開発に成功する保障はないという。

政府は海外の製薬会社、ファイザー社(米国)とアストラゼネカ社(英国)から、ワクチン提供を受けることで基本合意している。

ワクチンの供給が始まった場合、高齢者や基礎疾患を持つ人、同感染症の診療にあたる医療従事者が優先となる。副作用により健康被害が発生した場合、国が補償を行う方針。

 

情報元:新型コロナウイルス感染症対策分科会(第6回) | 内閣官房

 

新型コロナウイルス感染症の発症数は、4月10日に一度ヤマを迎え、減少に転じた。

しかし、7月初旬から再び増え始め、前回を遥かに超える第二波が発生した。

 

前回の失敗を繰り返さないためにも、今が重要な時期といる。

 

 

【広告】