素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

米共和党、トランプ氏を大統領候補に指名、支那には強硬政策

共和党は24日、ノースカロライナ州シャーロットで党大会を開幕し、トランプ大統領(74)を党の大統領候補に正式指名した。

同時に、ペンス副大統領を副大統領候補に指名した。

 

トランプ政権は、支那に対して強硬政策を打ち出している。

米大統領選挙は11月3日に実施される。

トランプ大統領民主党のバイデン元副大統領のどちらかが、次期の米国大統領となる。

 

f:id:newspaper-ama:20200825070101p:plain

大統領候補に指名され笑顔を見せるトランプ氏、原典:Donald J. Trump on Twitter

 

大統領候補に指名されたトランプ氏は、安堵したような笑顔をみせた。

その後登壇し、今回の選挙について「米国史上、最も重要な選挙だ」と訴えた。

また、「新型コロナウイルス支那から入るまでは、経済はかつてないほどうまくいっていた」とも述べた。

米国の失業率は、今年2月には3・5%と、過去最低水準まで低下していた。

 

 

トランプ陣営の公約の最優先事項は雇用だ。「10カ月1000万人の新規雇用を創出する」とした。

新型コロナウイルスについては、ワクチンを「今年末までに開発する」ことや、感染を収束させ「21年に平常化する」ことが目標。

外交・軍事については、「終わりなき戦争に終止符を打つ」とした上で、世界中に展開している米軍の撤収を引き続き行う。

また、「同盟諸国に公平な負担を支払わせる」としていることから、日本に対しても米軍駐留費の増額を求めると思われる。

 

支那にとっては厳しい内容が並ぶ。

支那から100万人の製造業の雇用を取り戻す」とした。支那にある工場などを米国に戻した企業は、税制面で優遇する。一方、支那から部品を調達する企業とは、政府が契約しない方針を示した。

更に、「支那新型コロナウイルス拡大の責任を全面的に負わせる」とした。

 

支那にとってトランプ再選は悪夢だ。

恐らく、米国のマスコミは大統領選挙まで、トランプ批判一色になるだろう。

次の米国大統領選挙は、世界にとって大きな分岐点になるかもしれない。日本にも影響を与える可能性がある。

 

 

【広告】