素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

尖閣諸島支那漁船衝突事件、支那人船長の釈放は適切な判断だったか?

尖閣諸島支那漁船衝突事件...

平成22年9月7日、尖閣諸島付近で違法操業をしていた支那漁船が、海上保安庁の巡視船2隻に体当たりし、逃走した事件である。

翌日、支那漁船の船長は逮捕された。

 

支那はこれに反発。

支那本土にいた日本人4人を拘束したり、レアアースの事実上の対日禁輸などの報復措置を実行した。

 

9月24日、那覇地方検察庁は突如、支那人船長を処分保留で釈放した。

この釈放は、当時の民主党政権菅内閣)からの圧力によるものと思われる。ほぼ確実。

菅内閣国務大臣だった前原誠司氏は、「菅直人総理が逮捕した支那人船長の釈放を指示していた」と証言している。

官房長官だった仙谷由人(せんごく・よしと)氏も、「政治介入」を認めている。

 

 

事件発生時に菅内閣外務大臣だった岡田克也衆議院議員は、 支那人船長の処分保留による釈放について「これ以外に方法はなかった」と自身のブログやTwitterで公表した。

その理由については、大規模デモが予想されたり、日本人が拘束されたり、支那政府が取り扱いに困っていたことをあげた。

岡田氏は、当時の民主党政権がとった対応を肯定した。

 

f:id:newspaper-ama:20200913064706j:plain

岡田克也衆議院議員

 

外国に脅されたとき、犯罪者を釈放することが国益になるのか?

 

外国との揉め事が起きたら、「なんとか解決したい」という気持ちはわかる。

たが、国内法を曲げてまで、外国の意見を聞き入れてはいけない。

それをやってしまったら、もう属国である。独立国とはいえない。

 

尖閣諸島支那漁船衝突事件での「支那人船長の釈放」は適切な判断だったのか?

Twitterでアンケートをとってみた。

 

 

予想どおり、ほぼ全ての方が「適切な判断ではなかった」と回答している。

頂いたコメントのなかから、支持を得ていたものをいつくか紹介したい。

 

普通の日本人 様

これで同じ事件が起きても、厳しい対応を取るのが難しくなってしまった。
大袈裟と言われそうだが、日本は侵略を受けている。

 

ニヒト 様

当時憤慨したのを覚えている。"柳腰"と言った仙谷にはかなりの苛立ちを感じ、一気に民主党に期待したのが間違いだと気づいた。絶対にこの人達に政権を任せては駄目です。

 

氷室サキ@しずくまい仕様 様

問われるべきは『昔と今の民主党の国防意識』でもある。擁護する民主党議員は国防に関してはザルと見る。ザル故国益国防を逃した。
反省せず擁護する姿は国益・国防を考えていなかった証明でもある。
あらゆる政治家に国防を問われなければならないが、与野党共にどう答えるのかは知りたいところね

 

yasuaki 様

究極の忖度!

 

普通の日本人様も言っているが、「日本は支那からの侵略を受けている」と筆者は思う。

そして、侵略はゆっくりだが、着実に進んでいる。

ただ、こういう主張をすると、周囲から白い目で見られるのが日本の現状状況である。

 

 

【広告】