素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

国勢調査開始、期限は10月7日

総務省は9月14日、国勢調査(こくせいちょうさ)を開始した。

同日より国勢調査員が各世帯を訪問し、「国勢調査のお願い」と書かれた調査書類収納封筒を順次配布していく。

数日でほとんどの世帯に配布される。

 

f:id:newspaper-ama:20200914160150j:plain

国勢調査の調査書類収納封筒

 

調査の対象は、令和2(2020)年10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯。

調査事項は「氏名」「男女の別」「出生の年月」「国籍」など計19項目。

 

回答方法は、記入した調査票を再び訪れた国勢調査員に渡すか、郵送。若しくは、インターネットで回答する。

回答期間は、郵送10月1~7日、インターネット9月14日~10月7日。

 

インターネットで回答する場合には、総務省ホームページの「国勢調査オンライン」というページから行う。

「ログインID」と「アクセスキー」が必要。これは調査票と一緒に同封されている『インターネット回答利用ガイド』に記載されている。

 ・国勢調査オンライン

 

www.e-kokusei.go.jp

 

国勢調査(こくせいちょうさ)は5年に1度、「西暦が5の倍数の年」に実施される。

第1回調査が行われたのは大正9(1920)年で、今からちょうど100年前。この時の人口は5596万人だった。

 

国勢調査に反対しているのは、反日思想の人間や犯罪者に多いと思われる。

数年前の話だが、筆者が反日団体の集会に参加したとき、彼らは国勢調査を廃止する運動をしようと相談していた。

 

国勢調査の情報は国益になる。

本物の愛国者なら勇ましいことを言うより、まずは、こういう国民としての義務を果たすべきである。

 

 

【広告】