素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

自民党新総裁に菅(すが)氏

自民党総裁選挙は14日、投開票が行われ、菅義偉(すが よしひで)官房長官が当選し、第26代自民党総裁となった。

16日に安倍内閣は総辞職し、同日に招集される臨時国会で、菅氏は第99代内閣総理大臣に選出される。

 

f:id:newspaper-ama:20200915073452p:plain
自民党総裁に選出され祝福に答える菅義偉官房長官

 

自民党は14日午後、都内で党大会に代わる両院議員総会を開き、安倍晋三総裁の後任を決める総裁選挙を行った。

選挙は党則に基づき、党大会に代わる両院議員総会で選出する方式が取られた。

国会議員票の394票に、地方票の141票(各都道府県ごと3票)を加えた計535票で争われた。

 

自民党総裁選挙の結果

菅義偉氏 377票(288票、89票)
岸田文雄氏 89票(  79票、10票)
石破茂氏  68票(  26票、42票)

※カッコ内は左が議員票、右が地方票

 

総裁選挙に立候補していたのは、届け出順に、 石破元幹事長、菅官房長官、岸田政務調査会長の3人。

菅氏は7割以上の票を獲得し圧勝した。岸田氏も善戦。

一方、左派マスコミや特定野党が応援していた石破氏は惨敗した。 

 

f:id:newspaper-ama:20200915081033j:plain

大好物のパンケーキを食べる菅義偉

 

菅義偉氏は秋田県湯沢市出身の71歳。法政大学第二部法学部卒。

現在の住所は神奈川県横浜市で、衆議院議員神奈川2区。

 

衆議院議員秘書、横浜市議会議員を経て、平成8(1996)年に衆院初当選。

会議員選挙に西区選挙区から出馬し初当選。その後、市議を2期務めた。総務大臣内閣府特命担当大臣地方分権改革担当)などを歴任。

平成24(2012)年12月に官房長官になり、現在も官房長官。最長在任記録を更新中。

元号「令和」の発表も行った。

 

菅義偉氏の政策

 

菅氏は自民党4役について、党ナンバー2の二階俊博幹幹事長、森山裕国会対策委員長は再任。総務会長には佐藤勉氏、政調会長には下村博文氏を起用。

麻生太郎副総理兼財務大臣も再任。

 

多くの保守派とって、菅氏の勝利は朗報だ。しかし、筆者には心配事がある。

菅氏が彼らの思い通りの人事をしない場合、すぐに掌を返す者がいることだ。

こういう保守派が多いほど、反日派には好都合なのだ。

 

政治というのは、自分の思い通りにはいかないものである。

満足がいく結果を出すためには、政敵を物理的に消すしかない。

この大原則を理解できない人間は、政治に口を出してはいけない。国益を大きく損なう行動をする場合があるからだ。

【広告】