素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【皇紀】2680年10月4日

今日は特別高等警察、略称「特高警察」が、連合国軍最高司令官総司令部GHQ)により廃止された日だ。

昭和20年(1945年)10月4日のことである。

 

特別高等警察とは、無政府主義者社会主義者共産主義者および過激な国家主義者などの調査・取り締まりを行っていた高等警察である。

通常の警察との最大の違いは、都道府県ではなく、国(内務省)から直接に指揮を受けていた点である。

 

高等警察とは、「国家組織の根本を危うくする行為を除去するための警察作用」と定義されていた。

 

f:id:newspaper-ama:20201004100638p:plain

警視庁特別高等部検閲課による検閲事務

 

明治43年(1910年)、社会主義者無政府主義者による明治天皇の暗殺計画が発覚する。幸徳事件(こうとくじけん)である。

これを受け翌明治44年(1911年)、警視庁(当時の東京府)に従来よりあった政治運動対象の高等課が分課され、社会運動対象の特別高等課が設置された。

同年には大阪府にも「高等課別室」が設置され、翌明治45年には特別高等課に昇格した。

 

大正11年(1922年)、日本共産党が結成される。日本共産党は結成直後、コミンテルンに加盟し「コミンテルン日本支部 日本共産党」となった。

コミンテルンとは、国際共産主義運動の指導組織。正式名称は「共産主義インターナショナル」。革命により、資本主義国の政府を転覆させることを目的としていた。

 

これに対抗するため、同年より東京・大阪以外の府県にも特別高等課が設置されていき、昭和3年(1928年)には全府県に設置された。

主な警察署には「特別高等係」が配置された。

 

特別高等警察は、日本の赤化(共産主義化)を抑えるための抑止力となっていたが、問題となる事件も引き起こした。

取り調べ中、岩田義道と小林多喜二を拷問による死亡させた。

大東亜戦争中には、横浜事件のような言論弾圧事件を起こした。

 

昭和20年(1945年)10月4日、GHQ民主化を理由に、特別高等警察を廃止した。

同年12月には代わりの組織として、各都道府県警察部に警備課(公安警察)が設置された。

 

www.youtube.com

 

沖縄で米軍基地反対運動をやっている連中を見ていると、特別高等警察特高警察)のような組織が必要だと感じる。

 

特別高等警察を廃止したのは、日本の敵国の組織であるGHQだ。

この意味をよく考えてもらいたい。