素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

川崎市、ふるさと納税、返礼品追加&高額化

川崎市の福田紀彦(ふくだ のりひこ)市長は6日、ふるさと納税の返礼品をリニューアルしたと定例記者会見で発表した。

10月1日より、新たに49品目の返礼品を追加し、計209品目とした。

今後も順次、追加していくという。

 

ふるさと納税とは、事実上、自分の希望する自治体に納税する仕組みである。

居住する地方自治体へ申告することにより、寄附額のうち2000円を超える部分について、所得税および住民税からそれぞれ控除が受けられる。

 

川崎市は全国一、ふるさと納税で赤字となっている自治体である。

令和元年度の流出額は約63億7000万円、流入額は約3700万円だった。

流出額は今後、更に増えるとみられる。

 

f:id:newspaper-ama:20191213015115p:plain

川崎市の福田紀彦市長

 

福田市長は返礼品合戦には否定的だった。

しかし、流出額が拡大してきたため、手をこまねいている訳にはいかなくなったという。

目標は、流入額を1億円にまで増やすことだという(令和元年度は約3700万円)。

 

川崎市への「ふるさと納税」の返礼品には、15事業者の49品目が追加された。

オーディオ製造会社S’NEXTの高級ヘッドホン(寄付金額100万円)、ホテルメトロポリタン川崎のスイートルーム宿泊券(同30万円)などの高級品も追加。

 

今までの最高額は、ノンアルコールライスワイン(同27万5000円)だった。

好評の川崎フロンターレ関連グッズは継続。

申し込みは引き続き、トラストバンク「ふるさとチョイス」やJTB「ふるぽ」からできる。

 

情報元:令和2年10月6日 川崎市長記者会見

 

川崎市在住の日本人のなかには、同市へ税金を払いたくないと思っている人が一定数いる。そして、その数は増えていくだろう。

福田市長は、この現実を理解しているのだろうか?

 

川崎市は今年7月、 「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」を全面施行した。

外国人への憎悪表現(ヘイトスピーチ)に対して、全国初の刑事罰を科す条例である。裁判を経て、最高50万円の罰金が科される。

しかし、日本人に同じ事をしても、刑事罰の対象にはならない。

 

ここまで日本人をバカにしたら、税収が減るのは当然である。