素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

学術会議の会員候補、前回も名簿提出者全員は任命されず、批判しているメンバーが怪しい

日本学術会議が新会員候補105人の推薦名簿を提出した結果、6人が菅義偉(すが よしひで)総理により任命拒否された。

令和2年10月1日、加藤勝信(かとう かつのぶ)官房長官が明らかにした。

 

これを問題視し、しんぶん赤旗日本共産党)や朝日新聞などが騒いでいる。

最大の理由は「学問の自由に反する」というものだ。また「政府は任命を拒否できない」ともしている。

 

日本学術会議は、会員210人と連携会員約2000人で構成される、内閣府の「特別の機関」である。

総理大臣が所轄し、経費は年間10億円強。

科学の向上発達を図り、行政・産業・国民生活に科学を反映浸透させることが目的。

会員と連携会員の任期は6年で、いづれも3年ごとに約半数が入れ替わる。

 

f:id:newspaper-ama:20201013075702j:plain

日本学術会議庁舎

 

日本学術会議は前回(平成29年)の会員候補任命の際に、110人超の会員名簿を提出している。この中から、政府は105人を任命した。

なぜ、今回に限り、批判が起きたのか不可解である。

 

朝日新聞によると、前回の推薦者105人は決まっていたという。

5人超は任命されないことを前提に、名簿に名前を記載されたことになる。

なぜ、そんな怪しいことをする必要があるのだ。

それ以前に、人事に関して、日本学術会議側の意見が全てとおるというは問題なのでは?

 

 

今回、任命拒否を批判している人たちは「学問の自由に反する」と主張している。しかし、学問の自由に反しているのは、日本学術会議の方である。

日本学術会議は軍事研究を禁止としている。

平成28年度には、北海道大学の「船舶に関する流体力学の研究」を軍事研究と決めつけ批判している。

一方、支那とは友好的な関係にある。

 

昭和24年(1949年)、日本学術会議は学術研究会議を前身とし発足した。連合国軍最高司令官総司令部GHQ)が関与していた。

昭和26年(1952年)には、総会で「破防法反対声明」を可決している。

 

日本学術会議も、今回の任命拒否を批判しているメンバーも、怪しい...と筆者は思う。

「政府は金だけ出して、人事には口を出すな」というのも、余りにも身勝手だと感じる。

皆さんはどう思う?