素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

ノーベル経済学賞、「電波オークション」貢献の2人に

スウェーデン王立科学アカデミーは12日、2020年のノーベル経済学賞を、ポール・ミルグロム氏(72)とロバート・ウィルソン氏(83)に授与すると発表した。

共に、米国スタンフォード大学の経済学の研究者で、国籍は米国。

米国の「電波オークション」に貢献するなどの実績を残した。

 

f:id:newspaper-ama:20201014014728j:plain

ポール・ミルグロム氏(左)とロバート・ウィルソン氏(右)

 

スウェーデン王立科学アカデミーによると、受賞理由は「オークション理論の改善と新しいオークション形式の発明」だという。

オークションでは、落札価格が物凄く高い金額や安い金額になる場合があるが、適切価格での落札が可能になった。

更に、従来では販売の難しかったモノやサービスをオークションする方法も発明した。

結果、世界中の人々の利益につながった。

 

ミルグロム氏は、どのようなオークション方式を採用すれば、売り手・買い手が共に満足できるかを理論化した。

ウィルソン氏は「勝者の呪い」を定式化した。落札者がオークションで高すぎる価格を提示して被る損失を指す。

 

最大の功績は、1994年に米国の連邦通信委員会FCC)が行った「電波オークション」への導入である。

携帯電話の電波利用権を入札を行い、70億ドル(現在の価値で 1兆円超)もの収入を得た。

米国政府が収入を得るだけでなく、携帯事業への新規事業者の参入を促進させた。

 

以降、米国政府だけでなく、各国政府も電波オークションをやるようになった。

スウェーデン王立科学アカデミーは、「社会に大きな利益をもたらした」と称賛した。

 

情報元:The Prize in Economic Sciences 2020 - Press release - NobelPrize.org

 

現在、経済協力開発機構OECD)加盟国の約2/3が電波オークションを導入済である。大きな問題もなく、順調に運用されている。

日本のマスコミは、「外国を見習え!」とすぐに言う。しかし、電波オークションに関しては非常に消極的である。

このニュースすら、報道されるか疑問だ。