素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

国民民主党、立憲と別の会派に

国民民主党は23日、衆議院院内会派「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」から離脱することを決めた。

院内会派とは、議会内で活動を共にする複数の議員で結成される団体を指す。

 

国民民主党は今まで、立憲民主党社民党などと衆参両院で院内会派を組み、行動を共にしてきた。

しかし、先月14日、国民民主党参議院院内会派を離脱した。今回、衆議院院内会派も離脱することを決めた。

国民民主党は国会内において、立憲民主党社民党と別行動をすることが可能となる。

 

f:id:newspaper-ama:20201024092403p:plain

国民民主党玉木雄一郎代表、原典:Twitter

 

国民民主党玉木雄一郎代表は23日、国会内で記者会見した。

衆議院院内会派について、「月曜日から始める臨時国会においては、別の会派で臨むことを決めました」と述べた。

参議院については、これまで通り独自の会派でやっていく。

 

玉木氏は離脱の理由について、「まずは、我が党としての足元をしっかりと固めていきたいという趣旨」と述べた。

同時に、法案の対応などについては、「可能な限り」立憲民主党などと連携をとっていきたいとした。

 

情報元:国民民主党 on Twitter

 

玉木氏は、院内会派離脱の理由を「党としての足元をしっかりと固めていくため」と説明している。

これだけでは、何を言っているのか意味不明である。

 

国民民主党の支援団体は、UAゼンセンや自動車総連、電力総連などである。これらは労働組合だが、改憲を容認している。原発再稼働に積極的な団体もある。

一方、立憲民主党の支援団体は、自治労日教組などである。これらの組織は、改憲原発再稼働に猛反対している。

国民民主党立憲民主党は、本来、別行動をするのが自然なのだ。

 

国民民主党の決断を、筆者は評価したい。