素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

令和元年分の政治資金収支報告書、自民244億、共産204億

総務省は27日、令和元年分の政治資金収支報告書総務大臣所管の中央分)を公開した。

政党本部の収入額は、自民党が244億9041万円で7年連続トップ。2位は共産党で204億5440万円だった。

全政党のなかで、共産党だけは政党交付金をもらっていない。

 

政治資金収支報告書とは、政治団体の1月1日から12月31日までの収入・支出や、12月31日時点の資産などを記載する報告書。

政党、政治資金団体、複数の都道府県で活動する政治団体総務大臣に提出。1つの都道府県で活動する政治団体は当該都道府県の選挙管理委員会に提出する。

毎年11月下旬に公開される。

 

f:id:newspaper-ama:20201128101025p:plain

共産党志位和夫委員長(左)と自民党菅義偉総裁

 

現在の政党数は9。

令和元年分の政治資金収支報告書によると、全政党本部の収入総額は747億9913万円(前年比3.3減)。政党交付金の割合は58%強。

各政党別の収入額は以下のとおり。

  • 自民 244億9041万円
  • 共産 204億5440万円
  • 公明 128億8755万円
  • 立憲  70億4960万円
  • 国民  57億3598万円
  • 維新  20億 283万円
  • 社民   8億 981万円 
  • N党   6億8018万円
  • れいわ  6億 415万円

 

全政党の自前収入(政党交付金を除く収入)は約313億円。

このうち、共産党だけで204億円強。他の8政党を全て合わせたものの倍近くあった。

 

全政党本部の支出総額は809億753万円(前年比23.6増)と大幅増となった。

令和元年は統一地方選挙参議院選挙が重なる12年に1度の年だった。このため、各政党が政治活動を活発化したためとみられる。

 

情報元:総務省|政治資金収支報告書|令和2年11月27日公表(令和元年分 定期公表)

 

マスコミの報道を見ていると、自民党献金への指摘ばかりが目立つ。

しかし、自前収入で比較すれば、自民党共産党の3割ほどの収入しかない。

 

共産党の収入の柱は『しんぶん赤旗』である。同機関紙には、地方自治体の管理職などが強制的に購読させられているとの指摘もある。

多くのマスコミはこの問題を指摘しない...