素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

白鵬、横綱らしくない行動は異文化衝突だ

大相撲で歴代最多の幕内優勝45回を誇る横綱白鵬(36)が現役引退を決めた。

令和3年9月27日、日本相撲協会に意向を伝えたという。

白鵬はモンゴル出身だが、親方になるために条件である日本国籍は取得済。引退後も角界に残り、後進を指導したいという。

 

f:id:newspaper-ama:20210928083306j:plain

白鵬

 

白鵬は昭和60年(1985年)3月11日生、モンゴル国ウランバートル市出身。

令和元年(2019年)9月3日に日本国籍を取得し、白鵬翔(はくほう しょう)となった。帰化前の名前は、ムンフバト・ダヴァジャルガル。

父親(故人)はモンゴル相撲の元横綱で、レスリングで同国初の五輪メダリスト。

 

白鵬は15歳の時に来日し、宮城野部屋に入門した。

18歳で新入幕を果たすと、22歳の若さで横綱に昇進した。36歳まで、歴代最長の14年間に渡り横綱を務めた。

幕内優勝45回、通算勝ち星1187勝、横綱在位84場所、年間最多勝10回など、数々の角界の歴代記録を更新した。

 

www.youtube.com

 

力士としては素晴らしい実績を残した白鵬だが、その行動は批判されることも多かった。

立ち合いでの張り手(ビンタ)やかち上げ(エルボー)、駄目押し、勝った時のガッツポーズなど粗暴が目立った。

観衆と万歳三唱や、三本締めを行ったこともあった。

 

平成20年5月場所千秋楽結びの一番では、両横綱白鵬朝青龍が取り組み後に睨み合うという事態が起きた。

朝青龍の引きに白鵬がバッタリ。その後、朝青龍白鵬を転がすように駄目を押した。

憤然とした白鵬が起き上がる時に二人の体が接触し、一触即発の睨み合いとなった。

 

f:id:newspaper-ama:20210928083621j:plain

睨み合う白鵬朝青龍(平成20年5月場所千秋楽)

 

白鵬の行動を「横綱らしくないない」とか「横綱の品位を欠く」と批判した人は多かった。朝青龍も同様。

確かにそうではあるが、筆者はこれを異文化の衝突だと思う。

日本人の思う横綱像と、白鵬朝青龍が目指した横綱像は違うのだ。

 

違う文化で育った人間には、簡単には超えられない溝があるのだ。

無慈悲な現実である。