素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

ドイツ海軍艦艇、約20年ぶり来日、支那を牽制

ドイツ海軍のフリゲート艦「バイエルン」が5日、東京国際クルーズターミナル(東京都江東区)に寄港した。

ドイツ海軍艦艇の来日は約20年ぶり。

日本と防衛協力することにより、覇権主義を強める支那を牽制するのが狙いだ。

 

ドイツは長年、アジアにおいては支那を重視する外交を展開していた。

しかし、支那の海洋進出や、新疆ウイグル自治区や香港などでの人権状況などに対し、国内から非難の声があがっていた。

このため、昨年9月、外交方針を転換した。

 

f:id:newspaper-ama:20211106070842j:plain

ドイツ海軍のフリゲート艦「バイエルン」、出典:ドイツ国防省

 

ドイツ海軍のフリゲート艦「バイエルン」は今年8月、ドイツを出航した。

8月にアフリカ・ソマリア沖のアデン湾で、翌9月にインド洋東方で、今月4日と5日に関東南方海域で、海上自衛隊護衛艦と共同訓練を行った。

 

バイエルン」は今月12日まで東京にとどまり、その後、日本や米国など5か国から計20隻の艦船が参加する共同訓練に加わる予定。

また、11月中旬以降、ドイツ軍としては初めて北朝鮮籍船舶の「瀬取り」監視活動も行う。

12月には、支那が軍事拠点化を築いている南シナ海も通過する。ただし、台湾海峡は通過しない。

 

f:id:newspaper-ama:20211106083205j:plain

関東南方海域で海上自衛隊護衛艦と共同訓練をする、ドイツ海軍のフリゲート艦「バイエルン」(奥)、出典:海上自衛隊

 

欧州主要国は最近、日本との連携の動きを強めている。

今年5月にはフランス海軍の艦艇「ジャンヌ・ダルク」が、9月には英海軍の空母「クイーン・エリザベス」が来日している。

 

これは筆者個人の見解だが、ドイツは日本や米国側についてたのではなく、中立的な立場に近いと思う。

支那はドイツにとって、最大の貿易相手国である。この関係を簡単に切れるはずがない。

現時点では、ドイツを過度に信用しない方がいいと思う。