素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

維新・国民民主、改憲議論加速などで一致

日本維新の会と国民民主党の幹事長・国会対策委員長は9日、国会内で会談をし、憲法改正に向けた議論を加速することで一致した。

衆参両党の憲法審査会を毎週開いて議論するよう、他党に求めるとした。

また、国会対策や法案提出でも連携していく方針。

維新・国民民主による幹事長・国会対策委員長会談は、今回が初めて。

 

f:id:newspaper-ama:20211110074802j:plain

日本維新の会馬場伸幸幹事長(左)と国民民主党榛葉賀津也幹事長(右)

 

維新の馬場伸幸幹事長は会談後「はっきり言って、立憲、共産両党の妨害で最近の国会でまともな(憲法)議論をしていない」と述べた。その上で、来年の参院選憲法改正国民投票を実施したい意向を示した。

国民民主の榛葉賀津也(しんば かづや)幹事長も、憲法審の定例開催に賛同し、歩調を合わせた。

 

維新はこれまで、立憲民主党を中心とする野党国対委員長会談には参加せず、独自路線を歩んできた。

国民民主も先週、この枠組みから離脱することを明らかにした。

 

10月31日の衆院選で、維新は議席数を11から41へと大幅に増やした。国民民主も8から11へと増。

衆議院議員が50人いれば、予算関連法案や、内閣・議長等に対する信任・不信任動議などが提出できる。

 

維新・国民民主両党は、立憲民主や共産などの野党と一線を画した「第3極」としての存在感を示したいのだろう。

筆者は、この方が日本のためになると思う。

国会をサボっている議員など、日本にはいらない。