素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

COP26、気温上昇「1.5度」未満、出来ない約束はすべきでない

第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)が、2021年10月31日から11月13日にかけ、英国・グラスゴーで開催された。

最終日に採択された合意文書には、産業革命前からの「世界の気温上昇を1.5度に抑える努力を追求する」と明記された。

石炭火力発電については「段階的な削減へ努力を加速する」とした。

 

2015年のパリ協定では、産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑え、できれば1.5度未満を目指すとされている。

今回のCOP26で「気温上昇1.5度未満」が事実上、世界の目標となった。

実現は可能なのだろうか?

 

f:id:newspaper-ama:20211116085206p:plain

世界の年平均気温偏差の経年変化(1891〜2020年)、出典:気象庁

 

気候変動に関する政府間パネルIPCC)によると、産業革命前と比べ、2011~2020年の平均気温は約1.09度上昇したという。

あと0.4度ほどしか猶予がない。

 

地球温暖化の主因は空気中の二酸化炭素量の増加である。

各国が公表している「2030年削減目標」の上限量を排出した場合、2030年前後には1.5度上昇すると予測されている。2050年前後に2度上昇。

 

2020年の二酸化炭素排出量(単位:100万トン)

支那  9,893
・米国  4,432   
・インド 2,298
・ロシア 1,431
・日本     1,026

世界計 31,983

 

世界の二酸化炭素排出量の3割弱は、支那が排出している。だから、地球温暖化支那が本格的な対策をしないと解決しない。

支那は「2030年までに二酸化炭素排出量を減少に転じさる」としている。恐らく、今後数年間の排出量は変わらないか、下手をすれば増える。

2020年の電源構成に占める石炭火力の割合は、支那が約63%。インドは68%、日本は31%。石炭火力の割合が5割を超えている国は、いくつかある。

 

産業革命前からの「世界の気温上昇を1.5度に抑える」のは不可能である。

COP26の合意文書には、なぜ、このように明記されたのか。

恐らく、騒いでいる連中に配慮したのだろう。

 

地球温暖化に対する考えは、人それぞれだ。石炭火力の即廃止を主張する人もいるし、何もしなくていいという人もいる。

ただ、筆者は「出来ない約束はすべきではない」と考える。